*

【海外のヘアサロンの実態】

公開日: : 最終更新日:2016/10/25 お役立ち , ,

image

Barber x Hairdresser Takaです。

海外のヘアサロンの実態。

・料金

日本では当たり前のサービス

例えば、チップ文化の国へ行ったとしましょう。

私は現在カナダにいますが、カナダ育ちの人を担当した場合、
日本レベルのサービスを受けるとチップは20%~25%の支払いが妥当なようです。

カット¥5000にチップ20%と言うと総額¥6000です。

更に、多くは日本より元の技術料金の設定が高くなされています。

・メニュー

日本では当たり前にカットと言えばシャンプー、ブローもセットで付いてるのですが、
国外へ出るとカットだけで頼むと本当にカットだけだったりすることも珍しくありません。

もちろんシャンプーを頼めば追加料金です。

これは日系のヘアサロンでも同様です。日系のヘアサロンは日本人も来ますが半分以上のお客さんは現地の人達です。日本人は海外に少ないために現地の人達に合わせていかなければ集客が難しいのです。

日系のヘアサロンだと親切心で軽く泡立て流すくらいはしてくれるかもしれませんが、お客さんはそれをその店のシャンプー技術と判断し、「日本と違う」何て言う方も多いようです。

シャンプーをして欲しい場合は言いましょう。

・所要時間

カット時間はおよそ15分程度です。
日本だと手を抜かれたと思う方も多いようですが、海外ではスピードが物を言います。しかしすなわちカット後のチェックが甘い部分が多いのも事実です。

持ちが良い技術はあまり必要とされていません。お店から帰るときが一番大事なんですね。

さて、終わりになりますが、その中でも特に気をつけたい2点があります。
覚えておいてください。日系のヘアサロンなら大丈夫だと思います。

スキバサミを使えない人が海外には多い
短い髪型を断られることがある

関連記事

【炭酸の美容効果】

Barber x Hairdresser 丸谷 貴人(Taka)です。 炭酸泡の秘められた

記事を読む

【なぜ美容師はパーマを勧めるのか?】

 Barber x hairdresser Takaです。 皆さんはヘアサロンで

記事を読む

【ベテランが「上手い」とは限らない】

Barber x Hairdresser Takaです。 早速首題についてですが皆さん新し

記事を読む

【理容師、美容師が使う英会話フレーズ】

まとめておきます。海外に行かれる方、日本で英語圏の国のお客様を担当される方は是非ご参考下さい。・Wh

記事を読む

【白髪染めって何?普通に染めるのと何が違うの?】

Barber x Hairdresser Takaです。よくある質問にこの首題のようなものがあります

記事を読む

【縮毛矯正とストレートパーマは違う】

Barber x Hairdresser Takaです。これ、意外と知らない人が多いです。縮毛矯正と

記事を読む

【界面活性剤とは】

Barber x Hairdresser Takaです。 今回は界面活性剤の働きについて簡

記事を読む

【シャンプーの危険成分??】

シャンプーに配合される成分の中でも危険成分と言った話題でよく耳にする「ラウリル硫酸ナトリウム」。さて

記事を読む

【シャンプーで髪が傷む?】

Barber x Hairdresser Takaです。 タイトル少し語弊がありますが間違

記事を読む

【続・スタイリストの選び方】

Barber x Hairdresser Takaです。 前述した記事の「スタイリストの選

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑